海外ボランティア

海外ボランティアの「個人参加」

海外ボランティアでもう1つ、個人で参加するボランティアがあります。 このプログラムは、海外への団体ツアーのようにパッケージになっていません。個人旅行同様、自分ですべての手続きをしなければいけません。そのため、海外ボランティア初心者にはまったく向いていないプログラムです。 一方、自分自身が本格的に活動に従事できるのは、この個人参加のボランティアならではの特徴といえます。たとえば、世界中にあるNPOのどこを選んでも自由なわけです。実際のところ、ボランティアを募集していなくとも問い合わせてみましょう。もしかして、どこかのポジションで人手不足が発生しているかもしれません。 個人参加の海外ボランティアの特徴は、当たり前ですが個人として参加をする、そして自分がボランティアとして貢献するためにはなんらかの技能や知識が必要になります。英語力やその他語学力はというと、ボランティア業務を遂行するために十分な語学力が必須です。さらに、ボランティアに従事する期間は数日から数年と多彩。活動内容はというと、たとえば、ストリートチルドレンの施設で教育活動をしたり、NPOの資金調達業務を行ったり、といったことがあげられます。