海外ボランティア

日本でできる国際交流ボランティア

現在、日本には約215万人の外国籍の人々が暮らしているといわれています。この中で「特別永住者」の資格を持つ在日韓国・朝鮮人、在日中国人は43万9.000人、全体の20%にあたります。以上の人々の多くは、戦前から日本に住んでいる一世もしくはその子孫。そのため「オールドカマー」とも呼ばれているのが特徴です。 一方、1970年代以降に日本にやってきて学び、働く人たちは「ニューカマー」。中国、韓国、フィリピンなどのアジア諸国、ブラジル、ペルーなど南米諸国がメインです。特に1990年に入国管理法が改正されてから、日本にルーツを持つ日系人が工場などで仕事ができるようになったことで状況が一変しました。これ以降、特に南米からの外国人が増えていき、今では31万人のブラジル人、6万人のペルー人が日本で働いたり、学んだりしているといわれています。 そして、日本での滞在が長くなるにつれて結婚して家族ができ、日本に定住する傾向も高くなります。ただ日本で暮らす中でさまざまな困難や問題にも直面しています。それらをサポートするのが国際交流ボランティア。海外ボランティアに敷居が高いと感じるならまずは日本でできる国際交流ボランティアへの参加を目標にしてみてはいかがでしょうか。