海外ボランティア

有償ボランティアの良し悪し

海外ボランティアを含むほぼすべてのボランティア活動では基本「無償」です。しかし時々、有償のボランティアも存在します。あまりにも無償ではボランティアする側もされる側も気を使い過ぎることもあるからです。 ただ「謝礼」程度のお金を受け取って、名目はボランティア、しかし「安上がりな労働力」として悪用されかねないという意見も少なからずあります。もちろん、ボランティアが無償の行為であるべきか、有償であっても場合によってはボランティアと呼んでいいのかなど結論がなかなか出づらい問題といえます。 たとえば、金銭的な報酬に代わって“エコマネー”などの地域通貨、「時間預託制度」を取り入れてお金以外の支給を受けるケースも。この時間預託とは、活動時間を貯金する時間の貯金のことをさします。わかりやすく説明すると、自分が将来、介護やケアが必要になった時にボランティア活動を提供してもらえることで、有償ボランティアにあてはまります。海外ボランティアだと危険地帯に行くこともあるでしょうし、保険や渡航費、滞在費などが支給されるケースもあるはず。 一方、NPOやNGOの常駐スタッフは仕事として活動しているのでほとんどは給与が支払われています。