海外ボランティア

「有償ボランティア」もある

海外ボランティアも含めて、ボランティアは無償であることが原則になります。しかし、有償ボランティアもあるのも事実です。もちろん、ボランティアが対価を求めない無償の行為であるべきという意見もありますから、場合によって有償であってもボランティアと呼んでいいのか、はっきり答えは出しにくいでしょう。 たとえば、交通費などの実費を受け取ることはまだOKかもしれません。そして、精神的な報酬を得るための無償の活動がボランティアと考えられるでしょう。ただし、すべてのボランティアが無償ではありません。「謝礼」のような報酬を受ける有償ボランティア制度があるNGOなども少なからず存在します。 分かりやすい例を挙げると、家事のサポートや介護など。ずっと無償ばかりでは利用する側が遠慮したり、「お礼に」と高価なものを渡されたりということがよく起こります。この場合、金額はわずかでもこれらのサービスに対する対価がもし決まっていれば「謝礼はいただいています」と言うことができます。そうすると、ボランティアする側もされる側もよけいな気遣いをすることなくボランティア活動に従事できるでしょう。有償ボランティアはすべて悪いわけではなく、ケースバイケースといえます。