海外ボランティア

「ボランティア」の基本

そもそも「ボランティア」ってどういうものなのでしょうか。 ボランティアとは、自分の意志で行動して社会を切り開く活動のことをさします。そして、ボランティアは「自由意志で決意する」の意味を持つラテン語“VOLUNTAS”が語源と伝わっています。ひとくちにボランティアというと、奉仕活動や慈善活動のイメージをまず抱くはず。しかし、無償の行為、奉仕活動といった意味は含まれていませんので注意が必要です。 そして、ボランティアには明確な定義はもありません。しかし「自ら行動する自主性・主体性」、「共に生き、共に支える社会性・連帯性」、「見返りを求めない無償性・無給性」、「自由な発想やアイディアで社会を切り開く創造性・開拓性・先駆性」という4つの基本精神が存在しています。以上にあげた4つの基本精神に踏まえた活動であるなら、ボランティアにしっかり決まった形はありません。 ボランティアにはさまざまあります。プチボランティア、福祉ボランティア、環境ボランティア、国際協力ボランティア、シニアボランティア、災害ボランティアなどです。海外ボランティアもこの中に含まれます。自分にどのボランティアが合っているのか、しっかり調べてから活動に加わってみてください。