海外ボランティア

国際協力NGOの海外活動

海外ボランティアを志す人なら、ボランティアでも海外で活動できるのかがわからない人もいるかと思います。 まず、国際協力NGOというのはピンキリです。限られた予算の中で必死に活動する小さな団体もあれば、なんと億単位の予算を動かしている団体までさまざまあるというのが実情です。もし、小さな団体の場合だと、ボランティアが海外で活動することもあり得ることです。そして、現地の人たちを直接サポートする「ワークキャンプ」なども海外ボランティアによって支えられている活動の1つにあたります。 しかし、国際協力NGOはほとんど海外に派遣するのは専任のスタッフのみと明言していることがあります。特に、地震や津波などの被災地、そしてさらに危ない紛争地などではとても危険です。その危険度が上がれば上がるほど、危機管理教育をしっかり受けたプロのスタッフが派遣されている状態です。 わざわざ危険地帯に飛びこまなくても、現地の活動を見たいという人は国際協力NGOをはじめ、旅行代理店などが主催する「スタディツアー」「海外ボランティアツアー」などがまずはおすすめです。実際に参加してみると、国際協力NGOの現場を見ることができ、いい経験にきっとなるはずです。